*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

<C#> iniファイルの指定セクションにおける、キー名と値の一覧を取得する


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


「C# にて、iniファイルを読み書きする方法」における一連の説明(知恵ノート)において、ここでは、「<C#> iniファイルの指定セクションにおける、キー名と値の一覧を取得する」について説明します。






総合の目次


本ページを含めた関連事項の総合目次です。

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n182471





はじめに


指定iniファイルの指定セクションから、キー名と値の一覧を取得します。









サンプルコード


ここで取り上げるサンプルは、なるべく複雑にならない範囲で、iniファイルの読み込みを確かめられるものとします。






本サンプの仕様概要


テキストボックス1(textBox1)に、iniファイルのファイル名を入力します。

なお、デフォルトのiniファイルは、

C:Test.ini

とします。
次に、ボタンをクリックすると、セクション名の一覧が取得され、その取得結果をリストボックス1(ListBox1)に設定します。

次に、リストボックス1(ListBox1)から、対象のセクション名を選択します(すなわち、セクション名をクリックします)。

そうすると、キー名の一覧がテキストボックス2(textBox2)に表示されます。

さらに、値の一覧がテキストボックス3(textBox3)に表示されます。



フォームデザイン等の前準備


コードを記述する前に、フォームのデザイン作成などの、以下の前準備を行なって下さい。

<プロジェクトの作成>
本サンプルの確認用に、新規にプロジェクトを作成して下さい。
プロジェクトの種類は、「Windowsフォームアプリケーション」です。

<フォームのデザイン>
デザイン画面で、テキストボックス(textBox)を3個と、リストボックス(ListBox) を1個と、ボタン(button)を1個貼り付けて下さい。

 デザイン画面

 

 

<テキストボックスの複数行化>

テキストボックスは、デフォルトでは1行用になっています。
textBox1 は、デフォルト(1行表示用)のままで構いません。
しかし、textBox2 と textBox3 については、複数行の文字を扱いたいので、以下の操作で、テキストボックスを複数行対応にして下さい。
まず、先程貼り付けたテキストボックス textBox2 を選択状態にして下さい(すなわち、デザイン画面上のテキストボックス textBox2 をクリックする)。
そうすると、テキストボックスの右上に、小さな三角形のマークが表示されます。
それをクリックすると Multiline と言う表記のチェックボックスが表示されます。
そのチェックボックスにチェックを入れると、複数行対応になります。
あとは、デザイン画面のチェックボックスをマウス操作で、縦幅を広げて下さい。

同様に、テキストボックス textBox3 も、複数行対応にして下さい。




テキストボックス三角

 

 

<イベントプロシージャの作成>
デザイン画面のフォームをダブルクリックして、Form1_Load() メソッドを作って下さい。
また、先程貼り付けたリストボックスをダブルクリックして、listBox1_SelectedIndexChanged() メソッド を作って下さい。
また、デザイン画面で先ほど貼り付けたボタン1(button1)をダブルクリックして、button1_Click() メソッドを作って下さい。






コード

 

<1>
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n182505

 

 

<2>
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n182530

 

 

(記述量上限の制限で、別のページに記述しています)



コードの解説


サンプルコードの中に書かれていますコメントを読んで下さい。
すなわち、コードの解説は、基本的にサンプルコードの中に書かれているコメントとします。





実行結果


ファイル名を入力してボタンをクリックすると、セクション名の一覧が表示されます。
次に、そこからセクション名を選択すると、キー名と値の一覧が表示されます。

 


 

 実行結果

<例: iniファイルの内容>

 

 

[AAA]
hoge1=piyopiyo
hoge2=pahupahu
[BBB]
huga1=panipani

 

 

 

<取得結果>

 

 

セクション名のAAAを選択した場合のキー名一覧は、

 

hoge1
hoge2

 

値の一覧は、

piyopiyo
pahupahu

 

 




 

さいごに

 

特にありません。