読書とか

2017/12/17

私は28歳くらいまで読書が好きではなかった。

 

というよりも、興味がなかった。

 

28歳になり、何故だか急に人生のことを考えるようになった。

 

今の今まで、大して考えたこともなかったのに。

20代半ばあたりでは、自分の周りに、

 

「将来×××になるために、今〇〇〇をやれるようになっているんだ!」

 

とか、

 

「今はこの仕事をしているけど、次へのステップアップなんだ!」

 

とかなんとか言っている人たちもいたようだけど、、、。

 

何故だか自分の人生には全く関係のないことで、

 

「ふーん、そうなんだ。」

くらいにしか考えられなかった。

 

今になってみりゃぁ、

「あの頃、真剣になって考えておけばよかったなぁ。」

 

てな、わけなんですが。

その頃は、きっと他の色んなことに満たされて、急かされて、頭も心もいっぱいいっぱいだったんでしょう。

 

そして、初めて手に取った本が千田 琢哉さんの本でした。

 

確か、これ。下の方が先だったかも。。。

 

今から、ふたりで「5年後のキミ」について話をしよう。

今から、ふたりで「5年後のキミ」について話をしよう。

  • 作者: 千田琢哉
  • 出版社/メーカー: すばる舎
  • 発売日: 2011/10/25
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

「あたりまえ」からはじめなさい (星海社新書)

「あたりまえ」からはじめなさい (星海社新書)

  • 作者: 千田琢哉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/07/26
  • メディア: 新書
  • クリック: 5回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

すっごい衝撃を受けて、そっから読書するようになりました。

 

「本って先人たちの想いとか、考えとか、意思とか、たくさん伝えたいことが詰まっているんだなあ。」

と、28歳にして勉強することになりました。

 

まぁ、そんなこんなのつながりで「世界一周」したいとか言ってるんですが。

実はもっとしたいことは、ハワイ移住だったりするんですが。

 

まぁ、ともかく、言いたいのは、読書する人にとっては、旅先で紙の本はかさ張る。

Kindle Paperwhiteがおすすめですよーってことです。

 

 

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

  • 出版社/メーカー: Amazon
  • 発売日: 2013/10/22
  • メディア: エレクトロニクス
  • この商品を含むブログ (116件) を見る
 

 電池もちは半端ない。

説明書きには、

最大4,000冊まで本を保存

 

 

一回の充電で最長8週間読書を楽しむことができます。

 

 

と、書いてあります。

実際その通りで、電池が切れたことがないです。

 

ほんとにたまーに、

「あ、そういえばここひと月充電してないな」

みたいな感じで充電します。

 

ディスプレイも、液晶ではなく、

本物のインクを使用したe-ink スクリーンを採用

 しているため、紙と同じ感覚で快適な読書ができます。

 

ただし、飛ばし読みとか、読みたいページをサッと開いたりってことができないので、その辺がちょっと本を選ぶかもしれません。

 

私は貧乏なので、ケチってWifiモデルを選びましたが、

3Gモデルは5,000円しか違わないのに、通信料無料で3G機能が付加されてくるので、

余裕のある人は3Gモデルをお勧めします。

 

てな感じで、したっけ!