準備編ではダイエットの基本である、なりたい!を強く意識する事の重要さを書きました。パート1では実際に体を動かして良いね!を紹介します。

注意

  • ここから読まれる方は、まず準備編をお読みください。簡単に成功を求めてはいけません。①目標の設定→②心の準備→③計画→④実践→⑤結果→⑥インターバルでワンクールです。期間は人それぞれ違います。自己満足と成功は違うのです。
 

 なりたいサイズになるには順番がある

もしもあなたがぽっちゃりさんでしたら、太ももだけダイエットして満足できますか。・・・想像してください。リンゴから細い足が生えていたら、羨ましいと感じますか。流行りのスリムパンツをはいて決めたつもりが、全身タイツマンのような卑猥なシルエットになってしまった。では失敗です。せめて、ぽっちゃりだけどきれいな足だね。と言われるように計画を立てましょう。・・・想像してみましょう。イチゴから足が生えていたら、可愛いと思いませんか。細くなくても良いんです。イチゴだから惹きつけられる魅力のある足を目指しましょう。

 きれいな姿勢で歩く

やろうと思ったら、まずは姿勢から。目の高さは真正面、肩は後ろに引き、首が伸びるように肩を下げます。すると自然に胸が前に出ます。それから、お腹が伸びて背中もぞもぞしてきます。背骨が1本1本伸びてリラックスした状況です。腰の方にはピンポン玉が乗っているような緩やかなカーブが生まれます。サルノコシカケならぬ、妖精が腰かけして休んでいるのよ、とイメージしましょう。上半身が整ったら次は下半身です。できるだけ膝を伸ばしてかかとに力を入れて立ちましょう。それから太ももを意識的にあげてかかとで蹴りだすイメージで一歩一歩歩きます。時間がない時は、その場で足踏みでもOK。速さや、距離や、時間はまだ決めなくても良いです。きれいな姿勢で歩くこと=ダイエットをしているという意識を持つことが効果をもたらすのです。だらだら歩いても、効果は出ません。

 太ももをさする  

あなたの愛おしい太ももはあなただけのもの。愛してあげないと、体が応えてくれません。まずは会話をしましょう。両手で包むように全体をさすります。これが今のあなたの太ももです。これから一緒に頑張ろうねと念じながら、親指と中指で輪を作るようにやさしく絞っていきましょう。次に両手の平で強めに押しながら滑らせましょう。前、後、側面、内側・・・と、順番や方向は体がこうすると気持ち良いよと教えてくれます。気がすんだら、なりたい太ももの形になるように両手で整えます。揉みほぐして自由になった細胞を野放しにしてしまうと、元もこうもありません。最後まで会話を忘れずに。もしもおフロの中で実践できるのでしたら、太ももをつまんでブルブル揺らしてみましょう。超音波のように小刻みに振動を伝えると、足全体がリラックスします。おフロ編は、私が最も得意な場所なので、後ほどたっぷり改めて紹介します(*^_^*)

おしゃれする

きれいに歩けるようになったら武者修行です。まだまだダイエットを始めたばかりですが、継続しなければ目標は達成されません。勇気を出してダイエット宣言を告知しましょう。とはいえ口外しなくても良いのです。あなたの変化に周りが気づきだしたら否が応でも続けざるを得ません。思い切って、太ももを出してお出かけしましょう。最初はチラ見せから。太ももの太さをカバーするためには、裾広がりがたっぷりした短めのフレアースカートかキュロットスカートが最適です。ふくらはぎはブーツとニーハイで隠しましょう。今からブーツ?と季節に合わない時期は、足元にカラフルな靴ひも、又は靴ひもを幅広のリボンに変えて、視線が太ももから外れるように工夫してみましょう。

ポイント

  • いきなり大運動は失敗のもとです。動き出すきっかけ作りから始めましょう。
  • 成功の秘訣は、できる、続ける、楽しむ、です。

次回はおフロ編にするか運動編にするか思案中。私的には誰でもトライして、楽しく感じる内容にしていきたいと思っています。なかなか進まないなあと思って見てくださっている方、ゴメンナサイ。一緒に考えて脳もダイエットしましょう。